今日は、Macのエディタの紹介
私の愛用しているエディタは「mi」ですね。
このブログのカスタマイズとかにも活躍しています。
miのアイコンです←miのアイコンです

なぜ、Mac標準のエディタはなにがよくないかっていうと、
日本語がまともに解釈できないのです。

日本語の文字コードがEUCやUTF8とかだったりすると、
開くのをあきらめてしまいます(エラーが出てしまいます)
つまり、ホームページなどを作ろうとして、
参考したいページのソースなどが見ることができないって可能性もあるのです。

この「mi」には、いろいろなモードがあり、
HTMLを書こうとすると、タグなどの色を変えてくれて非常に見やすいです。

また、このモードを有志で作ってくださっている人がいますので、
ダウンロードしてインポートすれば、
いろいろなモードで編集することができます。

ちなみに私は、JavaScriptとPHPのモードをインポートしています。

無料ですので、ぜひ使ってみてください。
作者さんのページこちらから

Leave a Reply