Mac標準のブラウザ「Safari」
非常に軽くシンプルな作りになっているので、使いやすい。

しかし、ちょっとした便利機能を使おうとすると、
なかなか難しい。。。

で、結構有名なブラウザだがFireFoxというブラウザがある。
Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
このブラウザは非常に高機能であり、
さらに、アドオンという拡張機能が存在します
これをダウンロードして、インストールすることによって
自分好みのブラウザへとカスタマイズすることができます。

私が使用していて、非常に使いやすいアドオンを一つ紹介。

It’s All Text」というアドオン。

これは何をするかというと、
HTML上のTextAreaを使い慣れたエディタで編集できるようにするといった機能を持っています。
最近は、Blog,Wikiなどが多くありますが、
記事の編集がHTML上で行わなくてはならず、
数行で済む場合は、特に不便さを感じないのですが、
長文になってくると、TextAreaで編集するのはちょっと不便なときがあります。
#一生懸命打ち込んで、間違えてブラウザを閉じちゃったなんてことも・・・

また、最初から長文になることがわかっている人は、
エディタにコピーしてから編集をし、編集後の文をまたテキストエリアにコピーしたりと
している方も多いと思います。

そんなときに、このアドオンがあると、非常に便利。
設定さえしておけば、そのテキストエリアの内容をいつも利用しているエディタで開いてくれて、
保存すると、その内容をテキストエリアに反映してくれるといった機能です。

ただし、Macの場合は設定に結構癖があります。
#1回だけの設定ですので。。。

エディタの場所:の欄には、「/Applications/mi2.1(OSX)/mi.app/Contents/MacOS/mi」と指定してください。
#環境によって異なります。

また、簡単に済ます方法ですが、
このアドオンは、一時領域に「~.txt」というファイルを作って開きます。
つまり、適当なtxtファイルを作成し、ファイルの情報を表示。
「このアプリケーションで開く」のポップアップボタンで目的のエディタを選択します。
そのポップアップボタンの下に、「すべてを変更…」というボタンがあるので、
それを押すと、txtファイルは設定したエディタで開くことになります。
そして、エディタの場所:の欄を「/usr/bin/open」にしてあげれば、
目的の動作が得られると思います。
#弱点としては、常にそのエディタで「.txt」ファイルが開いてしまうと言うことになります。
#私としては、普段から使っているエディタなので問題はありませんが。。。

Leave a Reply